2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いのちのバトン

DSC01457.jpg

そんなとらも命の火が絶える時。そのほんの一瞬だけ、もがきながら『まだまだ生きたい』という無念な顔を見せ、その後静かに息を引取った。意地っ張りだったとらが見せた最期の本音。

とらが入院してからみーすけはその原因が何なのかを必死に突き止めようとした。とらの最近の症状をネットの事例と照らし合わせながら病名を探し出そうと頑張っていた。それはもちろんこれからの治療の為に。。。その作業はとらが亡くなってしまった後も続いた。多分それは何がしてあげられなかったのかという自分を責める理由を探す為。そして、どうしようも無かったと自分を納得させる作業でもあったのだろう。あまりに短い間の出来事だったので何がとらを死に追いやったのか、確かな事は分かっていない。先生方の話しとみーすけが調べた結果を合わせると

猫白血病からきた骨髄性再生不良性貧血

だったのではと私は考えている。

DSC01653.jpg

とらは小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで愛されたネコ。みーすけの頑張りもあって周りのテリトリーの地域猫化も進み、侵入猫とのケンカは年にほんの数える程度に減っていた。

IMG_0856.jpg

DSC01464.jpg

そんな小さなシマでみんなの愛に包まれながらゆっくりと平和に過ごせたとら。色んなお気に入りの場所で微睡んだり、近所の方々とお話したり。子供達には大好きなブラシをしてもらっていたね。

DSC02338.jpg

とらはこの地で生まれ、この地で生きて多くの人と出逢い、ふつうの生活の日々の中で何かを与えてくれていた。それはただとらが昼寝しているという当たり前の光景だったり、呼ぶと返事をしてくれるとらの姿だったり。そんな日常のとらの姿から大野さんの言う猫の幸福光線を私たちは受け取っていたのかも知れない。

IMG_0699.jpg

虹の橋に行ってしまいもう逢えなくなってしまったとらだけど、彼が存在したという確かな記憶と胸に残る他愛ない想い出の数々。
それが私たちに残していったとらの いのちのバトン なんじゃないかって思う。

『ちゃんと受け取ったよ、とら。』


おしまい。


追伸:とらの事をちょっとでもちゃんとおくってやりたい。少しでも多くの人にとらが生きてきた事実を知ってもらいたい。それが私の使命に思えて書き始めました。いまだみーすけはめそめそしてるし、私もとらのことで人の優しさにふれると目頭が熱くなってしまいます。でもそんな感情も時が次第に薄くしていってくれて、普通の生活に戻っていくのだと思います。

お店へとらの為にお花を持って来てくれたり、優しい言葉を掛けてくれた方々。記事を読んで心の中で想ってくれた方々。本当にありがとうございました。

最後に。
山猫屋の社長はずっとずっと とらです。山猫屋珈琲店がある限りとら社長です。

| スタッフの独り言 | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのちのバトン(その2)

IMG_1170.jpg

昨日の月曜。先週は死ぬかも?と覚悟もしていたのんが口からゴハンを食べられるようになった。その先週の月曜17日はというと、とらはまだまだ元気(そう)で良く食べていた。猫は口内炎になると食べるのを嫌がり衰弱死する事が多い。特に猫白血病や猫エイズを患いやすい外猫は注意が必要で、ダブルキャリアなとらに対しては早め早めの治療(ぐらつく歯の抜歯やびらん部を焼いたりステロイド)を施していた。少し口を嫌がる素振りを見せていたので今月の7日に通院したのだけど、2本しか残っていなかった犬歯は大丈夫そうだし口内の状態も良かったそうだ。18日火曜になったばかりのとき嘔吐し、正月休みが終わったあたりから急に水を沢山飲むようになって心配していたので病院に連れて行こうと思った。火曜は身を隠してしまったので一日遅れの水曜の朝、みーすけが病院に連れて行った。電話で相談を受けた私は、色々検査もして欲しかったし療養も兼ねて入院させることにした。転ばぬ先の杖という感覚で。。。

翌朝電話で確認した所、状態が良くないというので面会に行ったみーすけから『どうしていいのか分からない。。。』と泣きながら連絡があった。もう一度連絡があり退院させる事になったので夕方お店をみーすけと交代し、容態が急変してしまった とらを連れ帰った。お店始めてからゴハン当番をお願いしていた男の子とそのお母さんと三人でみーすけの帰りを待っていたけど、何かこの状態でも出来る事。生きる可能性を探しにのんを診てもらっている病院に先の病院の血液検査結果を持って向った。悪そうなことは分かるがどのくらい悪いのかが私には理解出来なかったその検査結果。一見して受付の看護士は状態を悟ったようだった。。。『今出来る事は何かないの? 可能性のある治療は何かないの?少しの可能性でもいいから何かないの?』と詰め寄る私に先生の言葉は少なかった。体温を計ったら32度。私が『32度?!』って声を荒げたのでもう一度計測したら無情にも同じ数値をその体温計は私に告げたのだった。。。

tora1.jpg

みーすけが帰ってから4時間あまり。とらはみーすけの腕の中で、そして私が見つめる目をしっかりとした眼で最期まで見返しながら過ごした。今思えば昨年末あたりからびっくりするくらい食べるようになったとら。その時には何かがとらの中で動き始めていて、それと闘う為に栄養が必要だったのだと思う。久々にみんなでゆっくりと過ごせた正月休みを経て、のんが帰って来るのを待って、その のんに残る力を渡してとらは潔く、そして毅然と旅立って行ったのだろう。

『弱いモノに対して常に優しかった とら』

最期はその優しさを死にかけていた のんへ。ヘタレな私たちには心配かけないよう。悟られないようにふるまってくれたのだと今は思う。

つづく。

| スタッフの独り言 | 11:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのちのバトン(その1)



21日の0時30分、とらは亡くなった。その日のお通夜に私たち含めご近所の方々19名と3匹がとらの為に泣いて、とらと最期のお話をして、とらのことを撫でて彼の存在を確認した。みーすけにとってとらは恋人で、私は半分子供で半分は毎日顔を合わせる親友のようなやつ。とらは近所の子供達や親御さんにとっても友達であり、良き隣人だったんだとあらためて思えた夜だった。

IMG_1149.jpg

のんに繋いだ いのちのバトン。

この1週間の出来事。しばらくしたら続きを書き留めようと思う。


店長

| スタッフの独り言 | 08:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

21日(金)はお休みします

先ほど、とら社長は虹の橋に行きました。
21日(金)はお休みいたします。

店長

追記
22日(土)は、とら社長をおくるため13時より営業いたします。

| ASAP | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のん係長、復活する?



とらです。
日曜の朝に退院というよりは病院で逝くのも忍びないので帰って来たのん係長。店長とみーすけはお店に行かずにずっと見守ってたんだけど、お家に帰ってから40時間くらいのんは横になって寝たっきり。。。あぁ、ダメかな。。。なんて頭を過るも、気持ち悪さは無いっぽいし、先生が『お家に帰ると良くなる子もいる』って言葉を気持ちのお薬にして過ごしてたんだ。そしたら月曜から火曜に日が変わる頃、むくっと起きて

『ゴハンないの~』

ってな顔をしたんだよ。最初はお湯に溶かしたブドウ糖を鼻チューブからあげて、何となく腸に流れてる音がしたので昨日は2時間くらいおきに高栄養ミルクを与えた。具合悪い時のお腹の音は胃から上の方で鳴ってたんだけど、チョコびっと違う感じで胃から下の方で鳴ってる感じ。今現在も吐き気は無いし、終始ゆっくりしてるけど座れるようにもなってきたんだよ。まだ楽観視は出来ないけど、幽門拡張手術が効いたのかもと期待大だよ!みんなにも心配かけちゃったかもしれないけど、ほんのチョコびっと明かりが見えて来た感じでよかったニャ(ホッ。

そんでおいらはというと、みーすけが

『社長。最近お疲れ気味じゃない?』

ってうるさいので病院で数日療養する事にしたよ。まぁ、6年も猫エイズ&白血病と付き合ってるので不死身なおいらだから心配しないで。今朝入院した後、みーすけは夕方お店に行く途中も面会に来るし、店長も早番終わりに来てくれたんだけど、慣れない社長業でチョコびっと疲れが溜まっただけ。みーすけは『ヘモバルトネラ』って何かヘンテコな病気を疑ってるそうだけど、そうだとしても良い薬があるそうだし、

『わし、富里とら言います』
『シマん住民守るんがおいらの勤め。』by 白銀本気(マジ)

だからまだまだガンバルよ!病院にMacBook Airを密かに持ち込んだおいら。これからも先生に見つからないようにコソコソ報告してくから安心してニャ(笑顔。

| とらの独り言 | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日から復帰します!



山猫屋は明日から営業復帰します。
ひとまず1人体制で店長とみーすけが6時に入れ替わりお店を回すので

『焙煎豆のラストオーダーは18時』

でお願いします。ピックアップは19時30分までOKなので、遅い時間しかお越し出来ないお客さまは6時までに電話予約していただければと思います。ご不便お掛けしますがよろしくお願い申し上げます。


店長

| ASAP | 20:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山猫屋のお客さま方へ

昨日の日曜。急遽お店をお休みして本当にごめんなさいm(_)m。
先ほどお店に行ったみーすけから連絡があり、沢山のお電話を頂いてたとの事。その他にも山猫屋を訪れてくれた方もいたと思われるので申し訳けない気持ちでいっぱいです。

元旦に退院したのんの状態が相変わらず良くなく、外れてしまった鼻チューブを入れに9日の夜病院に行きました。ゴハンをあげると気持ち悪くなり吐いてしまい、冬休み中も充分な栄養が摂れておらず衰弱していたのん。入院を勧められましたが、一時的に良くはなるものの同じ事の繰り返しなので一度は断りました。昨年の7月に誤飲による開腹手術から予後が悪かったのですが9月半ばにやっと元気になり、その後2ヶ月間は順調に過ごせました。しかし11月11日に嘔吐から誤嚥し容態が急変。鼻チューブのお世話になり何とか危機を乗り越えたものの12月にも同じ事が起きてしまいました。元気でいられる時期が2ヶ月から始まり、1ヶ月。そして1週間となり、今年に入ってからは栄養不足の中、ほんの数日という感じに。。。幽門狭窄も疑われていたので体力が回復したら手術も考えていたのですがそのタイミングを見つけられずにいました。

もう衰弱死が視野に入って来てしまった今。逆に考えればその今がこれでも一番体力がある時と考え直し、リスク承知で手術に向けた体力作りの入院を経て14日に無事手術は終えました。ただ術後に2回嘔吐し、覇気もなくなってしまったので、日曜の朝最期を看とるつもりで退院させお店を休んだ次第です。

調べたらこの半年の間に4つの病院で、延べ72日お世話になりました。たかが猫と思われるかも知れません。捨て猫で里親募集に一件も問い合わせの無かったのんですが、私たちにとっては大切な家族です。ひとまず豆の販売だけになるかも知れませんが、なるべく早いお店の復帰を考えていますのでご理解頂けたら幸いです。

店長

| ASAP | 23:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臨時休業のお知らせ

都合により数日間、臨時休業いたします。
お客樣方にはご不便をおかけしますがご理解の程、お願い申し上げます。

| ASAP | 10:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬と毒



いてもたってもいられないので書き留めておく事にした。これはコーヒー屋のブログとしてではなく、ただの動物の飼い主としてのお話。もともと、お店の紹介ブログって感じではないけども。。。先に言っておくけど、これはこの半年間の経過を見ての憶測であって因果関係は多くのケースと同じく不明な事として捉えて欲しいんだ。

まず薬と毒ってどこからどっちで、どこからその反対なんだろう?薬と毒は表裏一体。薬には必ず副作用があり、効果が多くて副作用が大した事ないとか、その症例が少なければ薬として存在するのだと思う。極少数の生き物にリスクはあるけど、多くのものを助けてくれ相対的に見れば社会に役立つモノ。もしくは、処方が適切であれば薬で間違ってれば毒とか。

『コンベニア注』

犬猫に処方される持続性型の抗生剤。このコンベニア注はいろいろタイプのある抗生剤の中でセフェム系と言われるものらしい。このセフェム系抗生剤は犬猫に限らず人にとっても副作用が比較的多く報告されている薬剤だそうだ。有益な場合が多いから薬として存在しているのだろうけど、今回の事で色々調べたらリスクも比較的多いタイプみたいだ。コンベニア注は持続性なので、有益な場合はホントに歓迎されるのだろうけど、副作用が強く出た場合にはダメージも持続することに。。。胃腸に副作用が多く出るらしいセフェム系抗生剤。今日分かったのだが、用法上の注意が必要と考えられるようになって来ているらしい。

『普通のセフェム系抗生剤を処方し、その個体との相性を確認する』

動物病院の先生がコンベニア注を打つって言われたら、まずは『持続性でないセフェム系で試して!』とお願いして欲しいと思うんだ。大切な家族のために。

| スタッフの独り言 | 23:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日の閉店時間は18:30



都合により本日の閉店時間は18:30とさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

| ASAP | 14:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT