FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

薬と毒



いてもたってもいられないので書き留めておく事にした。これはコーヒー屋のブログとしてではなく、ただの動物の飼い主としてのお話。もともと、お店の紹介ブログって感じではないけども。。。先に言っておくけど、これはこの半年間の経過を見ての憶測であって因果関係は多くのケースと同じく不明な事として捉えて欲しいんだ。

まず薬と毒ってどこからどっちで、どこからその反対なんだろう?薬と毒は表裏一体。薬には必ず副作用があり、効果が多くて副作用が大した事ないとか、その症例が少なければ薬として存在するのだと思う。極少数の生き物にリスクはあるけど、多くのものを助けてくれ相対的に見れば社会に役立つモノ。もしくは、処方が適切であれば薬で間違ってれば毒とか。

『コンベニア注』

犬猫に処方される持続性型の抗生剤。このコンベニア注はいろいろタイプのある抗生剤の中でセフェム系と言われるものらしい。このセフェム系抗生剤は犬猫に限らず人にとっても副作用が比較的多く報告されている薬剤だそうだ。有益な場合が多いから薬として存在しているのだろうけど、今回の事で色々調べたらリスクも比較的多いタイプみたいだ。コンベニア注は持続性なので、有益な場合はホントに歓迎されるのだろうけど、副作用が強く出た場合にはダメージも持続することに。。。胃腸に副作用が多く出るらしいセフェム系抗生剤。今日分かったのだが、用法上の注意が必要と考えられるようになって来ているらしい。

『普通のセフェム系抗生剤を処方し、その個体との相性を確認する』

動物病院の先生がコンベニア注を打つって言われたら、まずは『持続性でないセフェム系で試して!』とお願いして欲しいと思うんだ。大切な家族のために。

| スタッフの独り言 | 23:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『とら』というネコ



10年くらい前の春先。一匹の茶とらの野良猫が顔を出すようになってきた。不憫に思いゴハンをあげるようになるとそのうち、後にニックとシロと呼ばれる猫を引き連れて訪れるようになった。その後分かった事だが、三兄弟は裏のアパートに住むお兄さんに世話されていたのだそうだ。そのお兄さんのアパートが取り壊されて餌場を失った三匹。リーダー格のとらが先発隊として我が家にやって来たのだった。とら柄のそれは、ゴハンを出すと他の猫が争って食べるのをよそに知らん顔。皆の食事が終わると、重い腰を上げゆっくりとお皿に向う、いつも一番最後に食べる猫。兄弟のニックが風邪を引いた時には、側に寄り添いながら私たちに助けを呼んでくれた。子猫の迷い猫が訪れたときも、付かず離れずな位置でいつもその子を見守っていたっけ。

6年前、近くの雑木林が開発されそこを追われた猫が居場所を探しにやってきた。ニック、とら、ちゃーたん(とらの甥っ子でしろちびの兄弟)がその猫とのケンカで相次ぎエイズと白血病に感染。ニックは病院で、ちゃーたんはとらに見守られながらお星様になったんだよね。

DSC01450.jpg

風邪のような症状から一時的に良くなった後、坂を転げ落ちるように衰弱していくパターン。とらに限っては初期の症状は一緒だったが、その後病気を封じ込めてしまったようだ。ちょっかい出しまくりなのんに対しても、噛み付かれようが何されようが黙認し、具合が悪くなれば寄り添ってくれるとら。優しさと強さを持ち合わせた猫。大したヤツだよおまえは。

店長。

| スタッフの独り言 | 23:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のん



2年前のちょうど今頃、のんとその兄弟3匹に出会った。自分達の状況も厳しかったので正直見過ごしていく事も考えたが、その中の一匹に目が止まってしまった。両目が潰れ他の兄弟よりもふた周りは小さかった子猫。ここで立ち去ればその子はおそらく生きて行けない事が容易に想像出来る子。それがのんだった。通りすがる人たちに声をかけ続け1匹が引き取られて行った。2匹なら何とか保護し里親探しが出来ると思い連れて帰る。そして元気な方の子は早々に里親が見つかり九十九里へ旅立って行った。

数時間前に無事手術が終わったと連絡を受ける。実は土曜の朝から入院していたのん。昨晩お店から帰ってくると何だか寂しい。あんなやんちゃ坊主でトラブルメーカーなのんも家族の一員だって改めて思う。元気になって帰っておいで!

店長

P.S.時間外の深夜の手術。本当にありがとうございましたm(_)m。

| スタッフの独り言 | 02:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれから1年



あれからもう1年たっちゃったんですね。。。
多分30年前位に市ヶ谷辺りの大学文化祭で見たのが最初だったかな?世代的に何となくリンクしたり共感を覚えたり。別に清志郎ファンではない自分だけど、音楽はもちろん、人として何かを与えてくれた存在だった。あの一年前に何かを改めて気づかされた出来事。そしてその後の1年でそのことをどんだけ自分はやれたのかな? 働いて、遊んで、泣いて、笑って、喧嘩して。それで色んなことを愛して。 1日1日を精一杯頑張ろうともういちど思った。

店長。

| スタッフの独り言 | 22:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハジメマシテ、一応店長らしいです。



初めまして、店長です。みーすけとの上下関係はかなり微妙ですが、社命で便宜上そうしろと言う事なのでよろしくお願いいたします。それでは、『スタッフの独り言』カテゴリでひとこと。

『山へ行きたいぃ~~!』

『でも、当分行けそうにない。。。』

愚痴になってすみませんでした。。。 明日からも焙煎調整に励みます!!

| スタッフの独り言 | 01:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |